髪を解かしている女性

AGAの原因を知る

AGAは男性型脱毛症と呼ばれるものです。男性ホルモンの影響によって頭頂部や前頭部が薄くなって来るもので年齢に関わらず発症していきます。症状を感じたら早めに病院に行くことが大切です。

この記事の続きを読む

AGAの進行方法

AGAの進行には人それぞれパターンがあります。多くの日本人が多いパターンがA字型と呼ばれるものです。また、M字型やO字型と呼ばれるタイプの進行があります。いずれも全体的に広がっていくので早めの対処が大切です。

この記事の続きを読む

AGA以外の原因

薄毛になった場合、多くがAGAです。しかし、中にはAGA以外の原因で症状が現れているということもあります。その場合は治療法や人ロの対処法が異なるので、病院に行って相談を行なうことが大切です。

この記事の続きを読む

AGAの治療を行なう

AGAという名前は多くの場面で聞かれるようになってきました。テレビCMでも病院で治療ができるということがアピールされたため、多くの人がAGA治療を受けるようになってきました。
AGAは男性型脱毛症という意味で、薄毛や抜け毛がひどくなるという症状が見られます。
発症の年齢は幅広く20代から50代の男性に多く見られます。AGAには、A字型と呼ばれるものや、M字型と呼ばれるような様々なパータンがあります。
また、つむじ周辺が薄くなるO字型や、これらの症状が複合的に現れる複合型と呼ばれるものがあります。
いずれのパターンでも、放っておくと全体的に髪の毛が薄くなって来るので、早めに病院に行って対策を立てていくことがとても大切です。

抜け毛や薄毛の進行が合った場合、多くの原因がAGAです。
しかし、中にはAGA以外の原因があることもあります。
かゆみ等が発生した場合、頭皮の環境が油が多く、雑菌等が繁殖しやすいような環境を作っている場合があります。
ほかにもストレスや飲酒、喫煙の習慣、偏った栄養バランス等様々な理由があるので、病院に行って、原因をしっかりと特定していく必要があります。
自分で勝手に判断して対処を行った場合、対処法が間違っているとさらに薄毛の症状を悪化させていく可能性もあります。
病院で適切な治療や、日常生活のアドバイスを受けていくことが大切です。
また、AGAのの進行は人によって様々です。早い進行で進んでいく人もいれば、ゆっくりとしたペースでAGAが進んでいく人もいます。
抜け毛や薄毛が気になった場合は、早めに病院に行って対処をしてもらうことが大切です。